別表A(1)剰余金が発生した場合の記載例の検討2

こんにちは!
非営利法人・非営利事業を支援する会計事務所、アダムズグループ代表の堀井です。

「別表A(1)剰余金が発生した場合の記載例の検討1」のブログは、別表Aで剰余金が生じた場合の記載例について説明しました。
発生原因と解消計画を剰余金の発生年度別に記載することが記載例として公表されたことにより、実質的に別表Aの剰余金が発生した場合の解消計画の記載は、記載例に従うことが必要になると思います。

記載例では、過年度別表A剰余金の解消実績について添付する説明書類も公表されています。
今までも剰余金が発生し解消計画を記載した翌年度において実際の解消実績を添付することになっていましたが、どのように記載するのか(何か表を作成するのか?文章で記載するのか?)曖昧でした。
今回の記載例では、文章により具体的に解消計画を記載することが公表されましたので、今後の添付書類は記載例に従うことになるかと思います。

初回のお問い合わせのお客様限定で1時間程度の無料相談を開催しております。
下記ホームページよりお気軽にお申込みください。


お問い合わせページURL
https://www.adamz.jp/contact.html

この記事の監修者

               

株式会社アダムズ/堀井公認会計士事務所
代表取締役 堀井淳史
公認会計士・税理士・行政書士

お気軽にご連絡ください。非営利法人の税務・会計の専門家として非営利法人のサポートをさせて頂きます。 また、プログラミングを使用した業務効率化等のご相談も対応可能です。

東京都中央区東日本橋2-24-12 東日本橋槇町ビル3階
TEL:03-5579-9773